ビジネスシューズはどの様に選んでいますか?

サラリーマン ビジネスシューズ

「お洒落は足元から」という様に確かにお洒落な人は靴にこだわります。
こだわる人がいるのは、見ている人がいるからということですね。歴史や世界中場所を問わず、ホテルや旅館、レストランなど接客業をしている人がお客さんを判断する時に履物でお客さんの品位を判断するために靴を見ているということです。毎日踏みつけ汚れやすいものだけに、その汚れるものに対してどれだけ気をかけられているか?という事ですね。

もちろんビジネスシーンでも、その判断基準はあります。靴が汚くだらしない人へ発注したくないですよね。ビジネスシューズは、ビジネスシーンにおいてもその人の品格を決める重要なアイテムであるといえます。

ただ、急に高い靴を買って... なんて、できませんよね。
例えば、Berluti(ベルルッティ)。1足20万円ほどするなんて、欲しくてもすぐには買えない...
革靴 ベルルッティ
Berluti
では、ビジネスマンはどんな靴を買えばいいのか?

本日はそのお悩みにお答えします。
ビジネスシューズ 選び方

いきなり、汚い画像で、ごめんなさい。。
こちらわたしが今日履いていたビジネスシューズ。3年前にイタリアにて小さい靴職人のお店で購入した一枚皮で仕立てられたビジネスシューズでございます。
ビジネスシューズ おすすめ

この靴確か日本円で1万五千円ほどでしたが、値段やフォルムで判断したのではなく、購入した理由はこちらです。
ビジネスシューズ 靴底
靴底についている、VERO CUOIO(ヴェロ・クオイオ)の刻印が
ついているからですね。イタリア語でVEROは”本物”や”真の”と言う意味、CUOIOは”革”という意味です。要するに、VERO CUOIOは「本物のレザーを使っていますよ。」という意味なんですね。よく探してみれば、BUTTERO(ブッテロ)のブーツにも刻印されていましたし、それほど高くないシューズにもこの刻印が入っていたりします。

ですので、ブランドでなくても質が高い=安くても質のいい物にはVERO CUOIO(ヴェロ・クオイオ)の刻印が入っているということですね。胸を張ってビジネスシューズとして履いてもOKということです。

サラリーマンのみなさん、ビジネスシューズを購入する際は、靴底のVERO CUOIOをチェックして購入するようにしましょう。

ビジネスシューズの履き方で気になる方はこちらの記事もご覧ください。
ダブルモンクストラップシューズの履き方


にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ