百戦錬磨のプレゼンに勝てるサラリーマンになりたいですよね。

本日は、プレゼンに勝っているサラリーマンが意図的に赤を身についている理由についてお答え致します。 

オバマも。
オバマ スーツ着こなし

ビルクリントンも。
ビルクリントン スーツ着こなし

小泉純一郎も。
小泉純一郎 スーツ
大きな会見や選挙前の公開演説の時には、赤のネクタイを着用することが多いです。というか、ほとんどの赤色のネクタイをつけています。

では、なぜ赤色のネクタイをつけるのでしょうか?それは赤色の持つ色彩効果に秘密があります。


赤色のもつ性質
赤色と聞けばどういうイメージをしますか?活動的、活発、情熱的、推進力があるというイメージが思いつくと思います。赤は、太陽や火など人が生きる上で必要なものを連想させるため、人が惹きつけられる色と言われています。

他のどの色よりも強い色であり、刺激を与える場面や、気分を高揚させる場面でよく使われています。諸説は色々ありますが、消防車が赤いのは視覚的に刺激を与え、視覚的に火の用心を意識づけさせる為ということです。


赤色の心理的効果
赤色には6つの視覚的効果があると言われています。
  • 目を引き注意関心を集める
  • 活力を与える
  • アドレナリンを分泌し興奮を促す
  • 暖かさを感じさせる
  • 食欲を増進させる
  • 時間経過を早く感じさせる
単色では最も視覚に訴えかける色が赤色であり、赤色は注目させるためには最も有効な色であるということがわかります。


プレゼンに勝つサラリーマンが赤色をつける理由
自分がクライアント側であり、どういう人に仕事を任せたいと思いますか?
勿論、人やプロジェクトにもよりますが、活動的で、革命的で、アクティブで、推進力がある人にお金を預けたいと思う人が多いと思います。

と考えると、プレゼンに勝つサラリーマンが赤色をつける理由はわかってきますよね。お客さんが求める人物像になる事で、自分を選んでもらいやすくする。服装も提案の一つという事です。


赤色を使ったスーツの着こなし
赤色アイテムは今まで派手すぎて手を出していなかった。という方も意外に多いと思います。付けた事がない方は難しいですよね。3パターン赤色を使った着こなしをご紹介致します。


シンプルに赤色を着こなしたい方
安倍晋三 スーツ着こなし
安倍さんのこの赤色を使ったスーツの着こなしは簡単です。濃いネイビースーツに白シャツを合わせ、赤色ネクタイをつけるだけです。非常に簡単ですのでこれなら誰でもできますね。

もっていらっしゃらない方はぜひ1本。



柄シャツに赤ネクタイを着こなしたい方。
スーツ 赤色ネクタイ 効果
柄シャツだからと言って、気にすることはありません。単純に赤色に合わせる着こなしをするだけでいいんです。

例えば、ギンガムチェックのシャツでもグレー系であれば印象は暗いイメージになります。しかし、赤色のネクタイを合わせるだけで、活動的なイメージ見せることができますね。グレー系はどんな色にも合わせることができるのでオススメです。

グレー系のシャツをお持ちでない方はこちらを。リンクに飛んで頂くと色が選べますのでその中にグレー系もあります。


ネクタイ以外で赤色を着こなし方
スーツ 赤色
ネクタイ以外ですと、チーフかベストを合わせて着こなすのがオススメです。赤色のシャツやジャケットは派手すぎますのでwシャツやジャケットはシンプルにホワイトやブルー系で合わせる様にしましょう。ベストが赤色でも、他の色に統一感があれば上手く着こなすことができます。


これで、プレゼンに勝てるサラリーマンになれますね!
以上、プレゼンに勝つサラリーマンがみんな赤色を身に付けている理由でした。


ブログランキングに参加しているので是非クリックをお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ