コンゴに住む人たちにスーツの着こなしを学ぶと言われても、正直「コンゴの人たちのスーツの着こなしが参考になるの?」と思う人たちが結構いると思います。ただ、これがめちゃくちゃにお洒落なんです。

論より証拠。これが、コンゴ人のスーツの着こなしだ!

コンゴ スーツ

コンゴ人

サプール スーツ着こなし

派手 スーツ 着こなし


度肝を抜かれましたよね。この様にコンゴでお洒落にスーツを着こなす人たちを「サプール」というのですが、本日はコンゴ人であるサプールの着こなしを紹介します。
サプール


コンゴとは...
サプールの前にまずはコンゴの説明を。1960年までにフランスの植民地だったアフリカ中心部に位置するコンゴは、日本から飛行機で30時間の場所にあります。首都はブラザビアといい、大きさは日本と同じくらいですね。

国民平均所得は2万5千円。国民の1/3は貧困層で1ヶ月130円以下で生活をしています。
おそらく、我々日本人がイメージしているイメージはまさにこれでしょう。


サプールとは ...
サプールとは、フランス語の Societe Ambianceurs et des Personnes Elegants の頭文字をとってSAPEUR(サプール)といいます。意味は”お洒落で優雅な紳士達”です(格好いい...)。要するに、上品な着こなしをする平和的なコンゴ人のことで、何か業を起こして大金持ちになった人がスーツを着こなしている訳ではなく、電気整備士やタクシーの運転手などごく一般的な仕事をしているコンゴ人の人たちが殆どです。

90年以上サプールという文化は続いており、なんと給料の40%以上を洋服代に使っています。ちなみに、日本では給与の3.85%が平均といわれています。覚悟の違いでよくわかりますね。


サプールの着こなすスーツブランド...
スーツ
KENZOや、PRADAなど本当に超一流のブランドを着こなしています。


サプールの目的...
お洒落をとことん楽しみどんな時も優雅に生きる人たち。
エリアによって違うのですが、土曜日や日曜日にスーツをバシッと着こなし優雅に街を歩きます。日本の様に遊ぶところがないコンゴの人たちにとっては、サプールが街を歩くのを見るだけでも充分に楽しめる為、エンターテイナー的な役割をしています。

あとは、平和主義を貫くということですね。「服こそがおのれを守る武器である」という考えのもと、内戦があった時もサプール達は武器を取ることをしませんでした。暴力反対がサプールの精神ということですね。平和で人を楽しませるためにスーツを着こなす。なんて素晴らしい考え方なんでしょう。


サプールの影響...
2010年春夏のロンドンコレクションもサプールを参考にしたといわれています。



サプールのスーツ着こなし術...
サプールのスタイルを「サップ」といいます。
  • 派手な色を使いながら品良く見せる
  • 使う色は3色以内
  • 人から見られているということを意識した美しい所作
3つめは、気持ちの部分ですがスーツを格好良く着こなすという意味では必要であるといえますね。
では、コンゴ人であるサプールのスーツ着こなしをご覧ください。
 
グリーン、ネイビー、ピンクの三色でまとめたジャケパンの着こなし。
カラーパンツもエレガントに着こなしていますね。
ジャケパン 着こなし

レッド、ネイビー、ホワイト3色でまとめたジャケパンの着こなし
このコンゴ人、葉巻が渋い。
ジャケパン
 
この背景とのミスマッチ感。サプールがエンターテイナーの役割をしているということがよくわかると思います。
スーツ サプール コンゴ

みなさん、サプールのルールをきちっと守られています。
色使い、エレガントさ、所作この1枚がよく表しています。
スーツ 着こなし コンゴ人

これは渋いっ!!!全身でトリコロールを表すこの着こなし。以前こちらの記事で紹介しましたが、スーツの祭典ピッティウォモが格好いいという話をしましたが、遜色ない、いや、それ以上のスーツの着こなしであるといえますね!
 パーティースーツ 着こなし

サプールには子供もいます。シンプルに、ホワイト、ブラック、レッドのスーツの着こなしがシンプルでありながら、格好いいです。
スーツ 着こなし

サプールになる為のアイテムはこちら
サプールの着こなしで守らないといけないのは、派手な色と、3色以上は使わないということ。
Vゾーンの色は揃えておくべきなので、こういうネクタイとチーフが揃っているアイテムは重宝します。


こういうネクタイもいいですね。ブラック、ブルー、ホワイトでまとめてもいいかとおもいます。


ありました!!サプールの写真集!!ほしい!!ただ、高い。。


ちなみにコンゴでは、スーツの着こなし方をしらないダサい人のことを「ンガヤ」といいます。
みなさん、「ンガヤ」にならないようにお気をつけください。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ