サラリーマンのスーツ 着こなし術

”日本のサラリーマンが、世界で一番スーツ偏差値が高い国になる” イタリアにも、イギリスにも、アメリカにもまけないお洒落なスーツが溢れる国になる為に、 現役のサラリーマンが、スーツ着こなし術や、スーツの歴史、スーツのブランド紹介などをしていきます。

▼サラリーマンのスーツ着こなし術へのお問い合わせはこちら
 ∟ giocaresocks@gmail.com
▼Google+
 ∟ https://plus.google.com/u/0/100926609280735107579/posts
▼Twitter 
 ∟ https://twitter.com/giocaresocks

キーワード:ソチを含む記事

スーツやシャツはいつもどこで買っていますか?

洋服の青山やAOKIなどでは、安いけれどもイメージがださく着るに耐えないし、
PRADAやGUCCHIのスーツは、格好いいけれどもブランド感がでるし、なにより高すぎる。
買う店選びは非常に重要ですよね。

今回はそんな悩める20代以上のファッションに興味のあるサラリーマンの方に、
日本未上陸のスーツブランドであるSUITSUPPLY(スーツサプライ)をご紹介致します。
実際にSUITSUPPLY(スーツサプライ)の方に、取材させて頂きましたので、そちらの内容とあわせてご覧下さい。
スーツサプライ ロゴ
◯ SUITSUPPLY(スーツサプライ)とは
スーツサプライ ソチオリンピック

SUITSUPPLY(スーツサプライ)は、2000年創業のオランダのスーツブランドです。

SPA形態であり、デザインから製造、物流、販売に至るまで全て一括でおこなっています。(個人的な意見ですが、よっぽどの情報収集力がない限りSPA形態で無いとファッション業界を生き残っていく事は難しいと考えているので、SPAかどうかは重要です。)

日本未上陸ですので、もちろん日本の方は知らない方が多いと思いますが、
オランダはもちろん、アメリカ、イギリス、イタリア、中国、シンガポールと全世界に50以上の店舗があります。

ちなみに、ソチオリンピックの時のオランダの公式ユニフォームは、 
SUITSUPPLY(スーツサプライ)が担当していた様です。(こちらの記事でも少し紹介していますが、アメリカやフランス、スウェーデンのユニフォームが話題になっていましたね。)


◯ SUITSUPPLY(スーツサプライ)のこだわり
スーツサプライ スーツこだわり
もちろんどこのブランドもこだわったスーツづくりを行っていると思いますが、SUITSUPPLY(スーツサプライ)のスーツ作りのこだわりは凄いです。(詳しくはこちら SUITSUPPLY | SUITSUPPLYのすべて

スーツへのこだわり① 生地選び
SUITSUPPLY(スーツサプライ)は、生地・素材選びに重きを置いていると言う事です。

年2回のコレクションのデザインをスタートさせる前にイタリアの生地メーカー各社をまわり、スーツやジャケットのシルエット毎に、生地をチョイスしているという事です。
カノニコやレダなどイタリア製の高品質な生地を使いながら、着心地まで考えて生地選びをしているという事ですね。


スーツへのこだわり② サイズ
SUITSUPPLY(スーツサプライ)は、サイズを重要であると考えているという事です。
びっくりする様な柄のスーツであってもサイズさえあっていれば印象は良いですからね。

スーツやジャケットを購入する際、商品毎に、HavanaフィットやWashingtonフィットなどサイズが決まっており、
自分にあったサイズを探す事ができます。(サイトにのっていますが、Havanaフィットは最もカジュアルでリラックスしたサイズ… といった感じです。

サイズへのこだわりは通販サイトにも反映されています。
SUITSUPPLY(スーツサプライ)の通販サイトではサイズ間違いが無いように、サイズアドバイザーという機能があります。身長、胸囲、ウエスト上部、ウエスト下部の情報を入れれば最適なサイズを教えてくれるという事ですね。非常にわかりやすく、ジャストサイズを通販で購入出来るのは素晴らしいです。
スーツサプライ 通販 サイズ
 
(引用:SUITSUPPLY(スーツサプライ)



スーツへのこだわり③ 豊富なラインナップ
普段使い用や勝負スーツ用など、利用シーンに合わせて、スーツやシャツを選ぶ事ができるのも、SUITSUPPLY(スーツサプライ)の特徴です。

例えばスーツ

BLUE LINE・PURPLE LINE・SUIT UPと3つのラインに分けられております。
BLUE LINEは、S110 ピュアウールまたはS120ピュアウールを使用し、耐久性に優れているため普段使いのスーツとして。
PURPLE LINEは、
S110からS130 ピュアウールまたは、カシミア・ウール、モヘア、コットンを使用し、ややランクアップして見られたい(昇進し役職がついた方などはいいかもしれません。)スーツとして。
SUIT UPは、S130からS160ピュアウールまたはカシミア・ウールやシルクを使用し、ハンドステッチで仕上げられている為、結婚式の二次会や、勝負スーツとして使えるスーツとなっております。

同じくシャツも、BLUE LINE・PURPLE LINE・SUIT UPとライン分けされています。
値段はそれぞれ違いますが、自分の目的にあわせたアイテムを、わかりやすく購入出来るという事ですね。


(おまけ)通販サイトにもこだわり


今ご説明したこだわりは、SUITSUPPLY(スーツサプライ)の通販サイトにも反映されており、
デザインが見える事は当たり前ですが、生地や、サイジングまで非常にわかりやすく掲載されているので、是非一度ご覧下さい。
スーツサプライ 通販 丁寧
(引用:SUITSUPPLY(スーツサプライ)


◯ SUITSUPPLY(スーツサプライ)の価格帯 

ここまでこだわっていながら、価格がお求めやすいのもSUITSUPPLY(スーツサプライ)をおすすめするポイントです。もちろん、日本のツープライス形態のスーツより値は張りますが、これだけの生地を使っているスーツと考えると、非常にお求めやすい価格であると言えるでしょう。

スーツ
BLUE LINE:¥39,990〜
PURPLE LINE:¥46,990〜
SUIT UP:¥69,990〜
 
シャツ
BLUE LINE:¥7,990〜
PURPLE LINE: ¥10,990〜
SUIT UP:¥12,900〜
 
ジャケット
¥34,990〜
 
コート
¥34,990〜
 
ニット
¥6,990〜
 
パンツ
¥14,990〜
 
ネクタイ(ニットタイ・ボウタイも含む)
¥3,990と¥4,990
 
シューズ
¥32,000〜

ニットやアウターにも、各衣類に合ったイタリア製生地を使用して作られており、衣類以外にも、バッグ・シューズ・レザーグッズは、イタリア人デザイナーがそれらを担当しているという事です。

わたしのお気に入りはシューズ。日本にはあまりない様なデザインのアイテムが揃っており非常に格好いいです!

例えば、こちらのモンクストラップシューズは¥31,990-
スーツサプライ モンクストラップシューズ購入はこちら
スーツサプライ 革靴

秋冬の季節に重宝するスウェードシューズも¥31,990-

スーツサプライ スウェードシューズ購入はこちら
 
スーツサプライ スウェードシューズ


これからの季節に必要な、コートも格好いい。
この様な感じのシンプルなネイビーコートが¥46,990
スーツサプライ ネイビーコート購入はこちら
スーツサプライ ネイビーコート

襟高のダブルボタンの細身のコートが¥56,990
スーツサプライ コート購入はこちら
スーツサプライ コート

この様な派手で実用性の高いレインコートまであります。¥29,990
スーツサプライ レインコート購入はこちら
スーツサプライ レインコート

◯ SUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツの評価
わたしはSUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツを試してみる事に。
こちらの商品です。(SUITSUPPLY(スーツサプライ) シャツ
スーツサプライ シャツ 評価
ちなみに商品を購入する際は、かなり多種なサイズから選ばないといけませんが、サイズアドバイザーで身長、首回り、胸囲を入れると自分にぴったりのサイズを教えてくれるので安心です。

で、到着した商品はこちらです。サイト通りの商品。
オランダからの郵送になりますので注文してから約3〜4日で到着します。
スーツサプライ

袖はシングルカフスの商品を選びました。カフスボタンを付けたい方は購入する際に、ダブルカフの商品を選んでください。(ただ、基本的にはシングルカフの商品が多いですね) 

 スーツサプライ 袖

襟はラウンドカラーです。
襟に丸みのあるカラーですが、着るだけでクラッシックでアダルトな雰囲気になりますね。 

 SUITSUPPLY

スリーピーススーツとあわせるとこの様な感じになります。
スーツサプライ シルエット

シャツのシルエットは、いい感じにスリムです。
タイトすぎず緩すぎず、サラリーマンの方には本当に丁度いいサイズであるといえます。

わたしの着た感じですが、胸部はややタイトで、肩幅はジャストで裾にいくほどややタイトになっているので
逆三角形型にみえるいいシルエットですね。(気に入りました!)
スーツサプライ 襟
シャツ自体の着心地は非常に良いです!
SUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツは柔らかく、袖通りが良く、軽いという印象でした。


130年以上コットンを生産しているイタリア北部のアルビニ社の生地になるのですが、上質な2本の紡績糸を縒り合わせて1本の糸を作り、その糸で生地にしているという事です。その為、通常の生地よりも柔らかく耐久性が高いという事です。

長く着ていく中で、そういう違いがでてくるかまたレビューを書いてみようと思います!


※UPDATE!!
◯ SUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツの着心地
週に1回〜2回SUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツを着つづけ、大体10回くらいになりましたので、シャツの着心地について改めてレポート致します。

・耐久性 100点/100点満点中
SUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツの耐久性は最高です!!興奮するくらい最高です!!
日本のツープライス形態のシャツは大体3回くらいで体に馴染んでくる感じになり、10回着るとすでにクタれた感じになります。(人が外から見る分にはもちろん感じないと思いますが)

SUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツは、洗濯してアイロンをかけ、次着る時に洗濯ノリをつけなくても、新品の様なツヤ感と生地自体のハリが残っています。これ10回着ても、この感じが残りますからね!!素晴らしい。あと10回着ても20回着てもおそらくこのままの質感は残ってくれると思います。


・シルエット 90点/100点満点中
いい感じにスリムと書きましたが、かなりタイトという表現の方がいいかもしれません。
着丈も少し長く、長時間デスクワークをして離席する時も、丈が長い分シャツがぺろっと出てしまうようなこともありません。このシルエットと着丈は日本ではないかもしれません。タイトシルエット好きの人は是非SUITSUPPLY(スーツサプライ)のシャツを試してみてください。


マイナス10点の評価は、首元がタイトすぎることかと...。
1回着ただけではわからなかったのですが数回着こなしてわかりました。ネクタイをする際「第一ボタンを締めると少しだけきついかな?」という感じです。首元が締まり過ぎるのが嫌な方は、サイズアドバイザーででたサイズより1サイズ大きめでもいいかもしれませんね。


・利便性 80点/100点満点中
形態安定ではないので、もちろん家で洗濯をすれば、くしゃくしゃで着ることはできません。そういう意味では、マイナス20点の評価になります。

ただ、形態安定ではないのに、しわになりにくいというのは驚きました。柄がしわを目立たなくしているのか、生地が柄を目立たなくしているのか?どちらにせよ、アイロンもしっかり当てなくても綺麗にしわは無くなってくれるので安心ですよ。



以上、サラリーマンにおすすめのスーツブランド SUITSUPPLY(スーツサプライ)でした。


にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ  


サッカー日本代表の2014年の”勝負服”は今回もダンヒル。
サッカー日本代表スーツ 2014年
勝負服といっても、ユニフォームではないんですね。(紛らわしいですか…)
ダンヒルがサッカー日本代表に提供している、移動時に着用するスーツのコンセプトの事です。
ダンヒルは永らくサッカー日本代表のオフィシャルスーツを提供しているんですね。非常に格好がよく、毎年細かいコンセプトが違って面白い。2014年6月に開催されるFIFAワールドカップブラジル大会の公式スーツも発表されましたし、サッカー日本代表の歴代のスーツをまとめてみる事にします。

サッカー日本代表とスーツの歴史
サッカー日本代表 歴代スーツ

日本代表がワールドカップ本大会に初出場できたのが、1998年FIFAワールドカップフランス大会。
アジア最終予選対イラン戦。延長戦での岡野選手のスライディングシュートは今でも忘れません。(父と試合を観戦していて夜中に絶叫しましたね。)この時も、スーツは揃えているはずなのですが、残念ながら情報が落ちていません。。

2014年FIFAワールドカップブラジル大会では、アルフレッド・ダンヒルがスーツの提供を行いますが、
ダンヒルのサッカー日本代表移動時のスーツの提供は、2000年からで15年目という事です。契約期間モ公開されておらず格好よければずっと続くという事でしょうかね。

海外のメディアからは、「日本代表なら日本のスーツブランドを着るべきだ!」と一部バッシングを受けているらしいです。確かにソチオリンピックでも、アメリカ代表のチームユニフォームはラルフローレン、フランス代表のチームユニフォームはラコステ、スウェーデン代表のチームユニフォームはH&Mが、デザインしていると話題になっていました。
(アメリカ代表のチームユニフォーム ラルフローレン)ソチオリンピック ラルフローレンjpg
(フランス代表のチームユニフォーム ラコステ)
ソチオリンピック ラコステ
(スウェーデン代表のチームユニフォーム H&M)
ソチオリンピック スウェーデン代表
ちなみに、オリンピックでは国産ブランドデザインのユニフォームが採用されております。ソチオリンピック日本代表のグレーのジャケットは大丸松坂屋百貨店、チームユニフォームはデサントデザインでした。ワールドカップもオリンピックと同じく国をあげての戦いなのに、イギリススーツブランドで移動するというのは少しよくわからない気がしなくも無いですかね…。ただ、サッカー日本代表の今回の勝負服を「洋服の青山」が発表!というタイトルの記事にはどこか魅力は感じませんね…がんばれ日本のスーツブランド!

サッカー日本代表×ダンヒル歴代スーツ
では、歴代のサッカー日本代表のスーツをご覧下さい。
○2014年 サッカー日本代表×ダンヒルスーツ
サッカー日本代表スーツ 2014年
○2013年 サッカー日本代表×ダンヒルスーツ
サッカー日本代表スーツ 2013年
○2012年 サッカー日本代表×ダンヒルスーツ
サッカー日本代表スーツ 2012年
○2010年 サッカー日本代表×ダンヒルスーツ
サッカー日本代表スーツ 2010年
○2009年 サッカー日本代表×ダンヒルスーツ
サッカー日本代表スーツ 2009年
○2007年 サッカー日本代表×ダンヒルスーツ
サッカー日本代表スーツ 2007年
○2006年 サッカー日本代表×ダンヒルスーツ
サッカー日本代表スーツ 2006年
昨年2013年5月30日には、ダンヒルとサッカー日本代表勝負服の過去10年分のスーツをみられるイベントが、ダンヒル銀座本店で行われた様です。(イベントの様子はこちら

2010年以降のコンセプト「勝負服」とは…
毎年広告やダンヒルの店舗で掲載されるスーツのヴィジュアルは撮影し直しされていますね。2010年頃まではよくある着ている人がただ並ぶだけという感じでしたが、2010年以降は躍動感があるというか、渋さが伝わってきますね。
ダンヒル店舗ではこんな感じに掲載されていますね。
ダンヒル サッカー日本代表

ダンヒル サッカー日本代表2006年 
上の写真が、2013年のヴィジュアルで、下の写真が2006年の物になります。
どちらも格好いいのですが、やはり勝負服とコンセプトメイクされた2010年以降の方が、格好いいヴィジュアルになっていますね。勝負服というコンセプトは、「大切な場面に挑む装い」という意味が込められており、さらに毎年少しづつテーマが違うという事です。

例えば、こちらの2013年の勝負服
サッカー日本代表スーツ 2013年
メッセージとして、“Departure(出発)"が付加されているという事です。
2013年に開催されたコンフェデレーションズカップや、2014年のワールドカップブラジル大会に向けての出発の舞台をイメージする為に、
空港のアーチを背景に選んだとか。

(おまけ)サッカー日本代表選手のスーツ着こなし
これはチームのスーツではないので、個人の選手がプライベートで着こなしているスーツですね。
実際最近では、芸能事務所とマネジメント契約をしている選手も多く、スタイリストを事務所がつけている場合もありますが…。サッカー選手はお洒落な方が多く、スーツの着こなしはどれも参考になります。

○本田圭祐 スーツ着こなし
現役選手の中でもっとファッション感度の高い選手は彼でしょう。
彼の入出国の際のスーツの着こなしは非常に参考になります。
本田圭祐 スーツ着こなし
本田圭祐 スーツjpg
サッカー 本田 スーツ
全て格好いいのですが、特に1枚目のライトグレーのスリーピースのスーツの着こなし方。
イエローのベルトを合わせた着こなしは素晴らしいですね。何度イメージしても、他の髪型だったらこのスーツが似合うイメージはありませんでした。少し髪の毛が長いとこれだけ清潔感がある様にはみえず、かなりチャラい感じになってしまうと思います。
どのスーツの着こなしも派手ではあるがバランスがいいので、もちろん格好いい。第一印象で「本田」とわかるこのセルフブランディングの方法は、サラリーマンの方にも通ずる所はあると思います。

○内田篤人 スーツ着こなし
若い女性に最も人気が高い選手は内田篤人選手ではないかと思います。
内田篤人 スーツ
ライトグレーのスラックスに、ブラックのジャケットに着こなし。
王道スタイルですね。勿論の事ながら、シルエットはやや細身で、着丈もばっちり。
袖のボタンは普通のボタンよりやや光沢があり、細部にまでこだわったアイテムですね。

内田選手はカジュアルな装いが得意なんででしょうね。DIESELの商品をよく身につけている印象があります。顔はかなり童顔なので、スーツよりかはカジュアルな装いが似合うのでしょうかね。

○中田英寿 スーツ着こなし
現役ではないですが、中田英寿選手もお洒落で有名でしたね。
中田英寿 スーツ
中田英寿 お洒落
中田 スーツ
EXILEは中田英寿さんを参考にしたのではと思うくらいお洒落じゃないですか(笑)
やはり、シルエット細め。あまりかしこまりすぎず、チーフを差すまではしていないですね。
自然体で、着こなしている感じが、好感がもてるポイントだと思います。

2枚目のボルドージャケットに下に来ているハイネックも良いサイズ感ですね。少し大きいものを着ると首の所がよれてしまい、タイトに合わせすぎると胸の部分がはりすぎてしまうんですね。
ネイビーのスラックスもタイトとフィットなシルエットが素晴らしいです。

○三浦和良 スーツ着こなし。
元祖・お洒落なサッカー選手ですね。(今ももちろん格好いい。)
キングカズ。カズです。
三浦知良 スーツ
カズ スーツ 着こなし
カズ スーツ
何を着ても、何をしてもカズですね。様になります。圧倒的存在感。TVでおっしゃっていたのですが、帽子はボルサリーノ、車はフェラーリと骨の随まで、イタリアブランドを愛しているとわかりますね。あくまでも想像ですが、カズはスタイリングは自分でやっているのではと思います。

カズのスーツの着こなしは、本田選手や中田選手をも超越していますね。TPOにあわせてシルエットもかえている様に思います。もう、47歳ですしタイトフィットだけがスーツの着こなしではないと理解し、
大人の余裕を漂わせる少しルーズな着こなしもしています。

カズは、ボルサリーノを愛用していると聞きましたが、3枚目は恐らくそうでしょう。
白のロングコートに、赤の靴下。完璧です。これだけの着こなしはさすがに参考には出来ないなと感服です。w

香川選手や、長谷部選手、長友選手や、川島選手など、スーツ姿を取り上げたかったのですが、
チーム公式スーツ姿しかあまり無く、正直内田選手の様にシンプルな装いしか無かったんですね。
全員が「本田選手まで…」とは言わずとももう少し、お洒落にスーツを着こなして、日本のサッカー選手はお洒落なんだと世界からそういう面からも注目される様になって頂きたいですね。

2014年ブラジルワールカップの展望
日本代表10年の歴史
昨年特設された、日本代表の歴史が見れるサイトです。

ブラジルワールドカップまで、あと2ヶ月と少し。
2014年の6月12日に開幕ですね。
決勝戦の7月13日日本代表が残っている可能性が何%かはわかりませんが、
本田選手や、長友選手が優勝するといってくれているので、
是非とも応援したいと思います。

頑張れニッポン代表!




 

↑このページのトップヘ