ネクタイの巻き方は人それぞれ違いますよね。

学校がブレザーの所は学生時代に。学生服の人は大学の入学式の時に。
はじめて親から教えてもらってネクタイを結ぶのでは無いでしょうか?
社会人になってからでも、その結び方を踏襲している人は多いと思います。

親から教えてもらったネクタイの結び方が、良いか悪いかはさておき。

気分を変えたい時なんかは、もう一種類くらいネクタイの結び方があってもいいですよね。
本日は、気分を変えたい時に変えるネクタイの巻き方についてご紹介致します。

特殊なネクタイの結び方

すこし、変わったネクタイの結び方ですよね。
気分を変えたい時もそうですし、パーティーや、結婚式、結婚式の二次会などでこういうネクタイ巻き方をしてもいいのではと思います。

方法はこちらをご参照ください。
ネクタイの結び方

こちらのネクタイの結び方のポイントは、
最初にネクタイの完成した後の長さを調整した段階で結び始めるので、
太い方の大剣(ブレード)をベルト位置に固定し、首に巻き付ける細い方の小剣(スモールチップ)は思いきって長めにとりましょう。 

後は、鏡を見ながら随時微調整していきましょう。
慣れるといけると思いますが、都度形を整えながら巻いていかないと、最終で調整しようと思うと、変な形になってしまう事があります。w

チョイスするネクタイは、生地が少し厚く、無地の物を選ぶ様にしましょう。
以下のネクタイは比較的巻きやすく、完成後の見栄えもいいと思います。

色は、シルバー・ネイビー・パープルの3色展開。光沢もありパーティーや、結婚式には最適です。


シルク100%のAquascutum(アクアスキュータム)のネクタイ。
これくらいの柄であれば、この巻き方をしても問題ないでしょう。


機会があれば、一度トライしてみてはいかがでしょうか?


引用
Youtube | How to Tie a Necktie