サラリーマンのスーツ 着こなし術

”日本のサラリーマンが、世界で一番スーツ偏差値が高い国になる” イタリアにも、イギリスにも、アメリカにもまけないお洒落なスーツが溢れる国になる為に、 現役のサラリーマンが、スーツ着こなし術や、スーツの歴史、スーツのブランド紹介などをしていきます。

▼サラリーマンのスーツ着こなし術へのお問い合わせはこちら
 ∟ giocaresocks@gmail.com
▼Google+
 ∟ https://plus.google.com/u/0/100926609280735107579/posts
▼Twitter 
 ∟ https://twitter.com/giocaresocks

タグ:gopro

ズブのGopro素人である私が、「#Goproのある生活」を見てこういう写真を撮りたいと決意し、前回投稿にてGopro初心者に最適なGoproの選び方について調べてまとめてみました。

今回は、HERO5 Blackを購入したGopro素人が綺麗に写真を撮れるのか?についてご紹介します

GoProを使い始める前に準備しておくべきアクセサリー

GoPro本体には付属品が付いている訳ではないので、これだけでは保存などができません。。
また、自分のスタイルに合わせて、必要なアクセサリーを揃えておくことで撮影の幅が広がります。

代表的なアクセサリーや必要なものを紹介してみますのでご覧ください。

Goproで撮影を始める際にデフォルトで必要なmicroSDカード

  • microSDカード

これだけは事前準備マストといえるでしょう。写真・動画を保存しておくSDカードです。
SDカードの種類によっては使えないものもあるので、あまり詳しくない人は特によく確認して準備しましょう。

最低限確認しておかなければならないこととしては「microSDカード」であることです。

初心者が意外と間違えがちなのが「SDカードね」と思って通常の「SDカード」を買ってきてしまい、「あれ?入らない。。」となりがちですので注意しましょう。

容量はもちろん大きいに越したことはありませんが価格も容量に応じて当然高くなりますね。

「HERO5 Black」では「128G」までのSDカードが使用可能ですが、数日の旅行であれば「64G」でも十分です。ただ、32Gでも静止画約5000枚撮影できることから、動画を多く取らない方であれば、これくらいの容量で問題ないといえますね!

GoProが推奨しているSDカードは「サンディスク」のmicroSDカードです。

メーカー推奨とあって品質はまったく問題なく安心できますがやはり少し値段が張ります。

AMAZONとかで間違えてSDカードを買ってしまうとはいらなかったりするので、上記のようなマイクロSDかどうかしっかり確認して購入するようにしましょう!

自撮りをバシバシ撮りたい、壮大な景色を撮りたい人向けアイテム

自撮り棒

「自撮り好き」にとっていまやスマートフォンでの撮影では必需品ともいえる「自撮り棒」

GoProを用いた撮影で使える専用のものももちろんあります!

正規品(純正)モデルもありますが、正直他の製品に比べてかなり高い・・

信頼は出来ますし「純正で揃えたい!」という人もいるかとは思いますが、電子的な製品でなければ致命的な不良もおきにくい部分ですのでここはコスパ重視をオススメします!

AMZONで購入する際は、こちらの商品のようにGopro対応かきちんと確認した上で購入するようにしましょう。
ちなみに、このアイテムは自撮りもできて、三脚にもなり防水対応なので、オススメです。

子連れの方にオススメ!子供何気ないショットをいつでもラフに撮りたい人向けに

ネックストラップ

アクションカメラといえど、カメラとしての性能が高いため、わざわざアクティブな「イベント」で使わなくても普段から持ち歩いていても質の高い撮影が可能です。
こちらも自撮り棒同様、アナログな部品なので性能よりはコストや、なにより「デザイン」で選ぶのがいいかと思います。

純正品は意外と人気なので在庫があれば狙ってもいいかもしれません。


ただ、1点デメリットも…
私はこちらを購入しましたが、非常に便利です。子供と散歩をしている時などいつでもどこでも撮影できるので、とても重宝しています!

ただ、デメリットも…。Goproと紐は鉄のアジャスターで連結させるのですが、これが死ぬほど硬い!「不良品?」と疑うほど固かったww


細めのペンチを用意して抑えながら入れ込んでいって要約装着できたので、装着が大変ということを覚えておきましょうw

GoProの醍醐味!目線カメラをしたい方向けのアイテム!

ヘッドマウント

アクションカメラといえば身に着けて撮影が出来るウェアラブル性が醍醐味のひとつですよね!

頭にカメラを装着して空を飛んだり海に潜ったり乗り物に乗ったり・・・夢が広がりますw

そんなアクションカメラの醍醐味を満喫するには頭に取り付ける「ヘッドマウント」が必要です。

こちらは正規品でも価格はそこまで高くないので純正をオススメします。

GoPro撮影してインスタ投稿までの手順は2分で完了する

使い方についてはロクに確認もせず買ってみたはいいものの、スムーズに撮影からインスタUPまで行えるだろうか・・
と少し不安でしたが、まったく問題なく出来ましたのでここでは購入してからの手順について公開しておきます。

スマホで専用アプリをダウンロード

アプリはAppStoreもしくはGooglePlayにて「GoPro」と検索すればすぐに出てきますのでダウンロードしておきます。

ここからスマホとカメラを連携させる設定(初期設定)を行いますが、この初期設定時のみBluetoothでの接続が必要なためスマホ側で「Bluetooth」はオンにしておきます。

アカウントの作成とスマホ連携のための操作

アプリを起動させると最初に「アカウント作成」の画面になるので、メールアドレスと任意のパスワードを入力するとアカウントは作成されます。

続いてカメラの機種を選ぶ画面になるので「HERO5 Black」を選択します。ここからは「スマホに表示される操作どおりにカメラをいじっていきます」

カメラの電源を入れたところから操作を説明してくれるので、特に迷わず設定の完了までは行えるはずです。

wifiの設定

カメラとスマホを「wifi」で接続するための設定をおこないます。

こちらもスマホに出る説明どおりスマホを操作し、Goproに表示される「wifi名」「パスワード」を設定します。

あとはスマホの「設定画面」で「wifi」の接続先に先ほど設定したGoProがあるのを確認し接続します。

Goproで撮影!+保存!

ここまで設定をしていればアプリを立ち上げた状態でカメラを操作するとスマホ画面に画像が映し出され、スマホでのカメラ操作が可能になっています。

撮った写真や動画はスマホの一覧表示画面に瞬時に表示されるため、そのままスマホに保存することも可能です。

いつもどおりインスタにUP!

保存した写真は普段と同様にスマホ内のカメラロールに残されますので、あとはいつものようにインスタからUPすれば完了です!

GoPro初心者が思った疑問を解決していく!

ここまで基本的なGoproの使い方についてまとめましたが、旅行などに持っていく際にふと疑問に思うことがあると思います。

私がGoproで撮影する際に思った疑問点についてまとめましたので、まとめてみようと思います。

Goproは1回の充電で電池はどれくらい持つの?

アクションカメラとなると遠出が伴うことも多いですよね、外での撮影が多くなると当然電池の持ち時間も気になります。

充電できない状況も多いですからね。。

メーカーが公式に発表しているバッテリーの駆動時間は「4K」の動画を撮影時で「1時間30分」です。

動画の画質を落とせば多少伸びるとはいえ、基本的には90分程度と考えましょう。

ずーっと撮りっぱなしのケースはあまりないとは思いますが、撮影時間が90分以上になりそうな場合はバッテリーをいくつか持ち歩いておけば安心ですね。

バッテリーは少し高いですが、誤作動等を考えると純正品を購入しておいたほうがいいと思います。


静止画といえども電源をつけっぱなしにしておけば、動画撮影中と同じ扱いになります。

Gopro撮影時はこまめに電源をつけたり消したりする癖をつけるようにしましょう

64GのSDカードで何枚くらいの写真がとれるの?

「64G」のmicroSDカードですが、もっとも綺麗に映る設定(解像度の設定は12MP )にして、約10,000枚です。

まぁそんなに撮らないですねw

本格的に動画を取りまくる場合は、SDカードとバッテリーの予備は必要と覚えておきましょう。

Goproは落としたり、雨に濡れても大丈夫?海もOK?

耐久性という点に関してはカメラの中でもかなり丈夫といえるでしょう。ヨドバシカメラの店員さん曰く、1.5Mからおとしても大丈夫とのこと。
他社のデジカメやアクションカメラであれば、1M程度から落下しても故障することが多々あります。(アルミとかだと故障しなくても傷がつきやすいですし)

「HERO5 Black」は手にしてみれば分かりますが、「これ落とす前提で作ってるな」っていうぐらい堅牢です。イメージで言うと「Gショック」に近いw

また、防水に関しては10M防水なので濡れるのはまったく問題ありません。

海も仕様としては水中撮影が大丈夫です。ただ、しっかり、充電部分などがロックされているか確認し、撮影後は海水をふき取るようにしましょう。
それでも怖い方は、念のため専用ケースに入れれば安心ですね。

撮った写真はすぐに携帯からUPできるの?

GoProの最大のウリともいえるスマホとの連携については「アプリとの連携」がカギとなっています。

結論からいうと、スマホのアプリを立ち上げておけば、撮った動画や写真は「自動的に」スマホに転送されます。

つまり撮った瞬間からスマホで写真を見ることができ、すぐにSNSへUPすることが可能です。リアルタイムでどんどん写真を共有できちゃうわけです!

GoProで綺麗な写真をとるポイント

機能が充実している「GoPro」を使っていざ写真(動画)撮影!

せっかく高機能のカメラを使って撮影するなら「撮り方」次第でもっと良い写真が取れるかもしれません。状況に応じたちょっとした撮影のコツを紹介していきます。

動画撮影時の設定はfps値を60まで下げておくべき

撮り方に関わらずなにか不都合がある時はそもそもの設定が間違ってないかを見直してみると良いかもしれません。例えば下記のようなレビューもありました。


失敗談として、買ってまもない頃1080p 120fpsで設定していたのですが、GoPro内で再生する時は問題ないのですが、iPhoneに移して再生する時スローモーション再生になってしまう仕様のようです。fpsを60まで落とせば解決するのでぜひ参考にしてください。【参照:Amazonレビュー内】

風景を壮大に撮影する時のポイント

風景をアピールしたいときは人物ができるだけ入らないように気をつけたいですね。
自分が写りたい場合も、自分メインではなくあくまでも「景色」メインとなるように中心から外れるようにすることで風景をより「壮大に」表現することができます。
撮影モードは、Goproならではの「魚眼」を活用した撮影がオススメです。
風景にメリハリがついてより凄い場所にいるかのような「盛った」撮影が可能です!魚眼特有の「うねり」が非日常感を演出してくれます。

海の中の写真を撮影する時のポイント

水中からの撮影に関して積極的に取り入れたいのは「逆光」です。

陸上では嫌われがちな逆光ですが、水中では水が太陽光を軽減してくれるのでちょうど良い明るさとアクセントをもたらしてくれます。
海中
魚や人物などの被写体をアピールしたいときは邪魔になることもありますが、「水中にいるんだぞ!」ということを強調する際にはとっておきの味方になってくれます!

花火を綺麗に撮影する時のポイント

花火を撮影する際は同じ場所から見ている、つまり撮影場所を固定するために三脚で固定しておくのが基本的な撮影の仕方です。

もちろん手で撮影することで臨場感が演出できないこともないですが、花火自体が動いているため撮影場所をコテすることで花火の動きや美しさに見ている方は集中できます。

ちなみに、Gopro初心者の私が撮った花火の写真です。

何枚か撮ったうち、綺麗に色が写って撮影できたのはこれだけでした…難しい。

gopro 花火 素人

また、「タイムラプス機能」という機能を使えば少し変わった(オシャレな)演出が可能です。「タイムラプス機能」というのは例えば5分ほど撮った映像を30秒ほどに「早送り」動画として短縮する機能で、GoProでは編集しなくても短くまとまった状態で保存されます。

特にSNSではあまり長い動画はふさわしくないため、タイムラプス機能で短く、かつオシャレに動画をまとめることができますよ!

自撮りを綺麗にとる時のポイント

最後にGoProで自撮りを綺麗に撮るためのポイントです。そもそもGoProは自撮りにかなり適しています。
レンズが「広角レンズ」のため従来の自撮りでは自分の近くから撮影すると景色があまり入らないのですが、GoProのレンズはより広い範囲を撮影できるためバックグラウンドをよりアピールできます。

撮影時のポイントとしてはGoProならではの「リアリティ」を表現するため、カメラ目線を外してアクティビティに集中しているように取ることでより「リアル」な写真が取れますよ。

また、カメラ目線で取る場合はあえて「自撮り棒」が映るように撮ることで見ている人にこのカメラの存在自体を意識させることができます。


このような撮影の仕方をGoProの高機能と組み合わせることでいろんなパターンの動画や写真が撮影可能です。まだまだ使いこなせてない「のびしろ」がたくさんありそうですね!

Goproを使ってみた感想としてはとにかく楽しい!
子供が生まれた方や旅行にいく際は、ぜひ購入して楽しい思い出を残してみてください!

instagramをみているとやけに綺麗な写真が上がっていることがあります。
gopro
そんな写真のハッシュタグを見てみるとたいがい「#GoProのある生活」というハッシュタグがついていることがわかります。

試しにそのハッシュタグを見てみると、2017年8月1日現在で479,917件とものすごい投稿数!そしてアップされている写真をみても、綺麗!壮大!楽しそう!でプロが撮ったような写真があがっています。

GoProなら誰でもこんな写真撮れるのか?ということで、実際に「GoPro」を購入して、試してみることにしました。

GoProはインスタ映えする写真が簡単に取れるアクションカメラ

Goproは海外発の「アクションカメラ」で、いわゆる「インスタ映え」する写真や動画の撮影にピッタリの機能を持ち合わせているため、撮影好きな若い層を中心に人気が広がっているカメラの一種です!

特に野外でのアクティビティを臨場感たっぷりに撮影することが出来るので、よりリアルに伝えられるだけでなく、「こんな迫力ある写真、どうやって撮ってるの!?」と写真を見ている友達を驚かすことが出来ます!

調べてみると、カメラ自体もタフかつスマートな外見なので、常に身につけて持ち歩くことができ、持っていること自体がファッションにもなりますね!

正直、私の背中を押したのも「GoProとか持って写真好きな感じをかもし出してぇ~」という欲求でしたw

GoPro素人にはその場でチェックできるHERO5 Blackがオススメ

「GoPro欲しい!買う!」といってもその種類はいくつかあり、シリーズによって機能や値段もさまざまです。

そこで、商品ごとに機能を比較し、自分に(自分の撮りたい写真に)合った「GoPro」を探すことにしました!

カメラは安い買い物ではないですからね。じっくり比較して購入するモデルを検討するべきです。

5つのモデルがありますが、「HERO5」というのは「HERO4」のリニューアル版なので、現在最新のモデルだと「HERO5 Black」「HERO5 Session」「HERO Session」の3つから選ぶことになります。(もちろん旧モデルにこだわる人もいるでしょうけど・・)

以下が各モデルの性能比較です!

HERO5 Blackは簡単に綺麗に撮影したい素人向き

  • 【基本機能】
  • 動画解像度:4K対応
  • 静止画画素数:1200万画素
  • 防水機能:○(10M)
  • WiFi:○
  • 価格(Amazon):¥50,680

【特徴】

最大の特徴は1200万画素と、シリーズの中で最も静止画の画素数が多い、すなわち「もっともキレイ」に撮影できるのがこのモデルですね。

さらにタッチディスプレイを搭載しているため、撮影した画像をすぐに確認できるという特徴があります。

GoProはアプリとの連携がウリなのでスマートフォンでも見られるのですが、カメラ自体で直接見られるのは嬉しいですね!

また、「HERO5 Session」と比べると画角(写真に入る範囲)が少し広いので、簡単に壮大な写真を撮影することもできます。

Goproの中でもっとも値段は高いですが、壮大で綺麗な写真を取ることができて、その場ですぐに確認できるため、もっとも素人向けなのがこのHERO5 Blackといえます。

HERO5 Sessionは体に装着して撮影したいスポーティー使い人向き

  • 【基本機能】
  • 動画解像度:4K対応
  • 静止画画素数:1000万画素
  • 防水機能:○(10M)
  • WiFi:○
  • 価格(Amazon):¥37,800

【特徴】

「HERO5 Black」にディスプレイが付いているのとは対照的に、こちらはその分余計なものがなく本体がスッキリとします。

アクティブカメラの使い方として「体に装着して」撮影するというシーンも結構あるので、そういった使い方としては「HERO5 Session」のほうが向いているといえるでしょう。

機能が削られた分、リーズナブルなのももちろん特徴のひとつです。

HERO Sessionは予算がないけどGoproがほしい人向き

  • 【基本機能】
  • 動画解像度:1440P
  • 静止画画素数:800万画素
  • 防水機能:○(10M)
  • WiFi:○
  • 価格(Amazon):¥25,680

【特徴】

簡単に言うと「HERO5 Session」の機能を削ぎ落としたモデルです。クラウドへの保存や動画の自動安定化機能などが削除され、4Kにも非対応となっています。

その分価格も安くなっているので機能を使いこなせなかったり価格重視であれば選択肢としてはありかもしれません。

HERO4 Black(販売終了)

  • 【基本機能】
  • 動画解像度:4K対応
  • 静止画画素数:1200万画素
  • 防水機能:○(40M)
  • WiFi:○
  • 価格(Amazon):¥66,800
  • 【特徴】

    「HERO5 Black」の旧モデルで販売終了となっていますが、シリーズで唯一40M防水を実現していたモデルだったようですね。

    さすがにそこまで深く水中に潜って撮影したい人は専用のカメラを探すとは思いますが・・もっともプロ向けのGoproであったといえます。

    ただ、専用のアジャスターにいれれば水深40Mでもいけるようになるので…といったところでしょうか…w

    HERO4 Session(販売終了)

    • 【基本機能】
    • 動画画素数:1440P
    • 静止画画素数:800万画素
    • 防水機能:○(10M)
    • WiFi:○
    • 価格(Amazon):¥27,800

    【特徴】

    「HERO5 Session」の旧モデルでこちらも販売終了のモデルです。機能的には「HERO5 Session」が上回っていますがその分こちらはよりリーズナブルに買えたようですね。コスト最優先の人であればこのモデルの中古を探してみるのもありかもしれませんね。

    値段は高いが素人向けな「HERO5 Black」を購入してみることに!

    最も機能が多くて基本性能も優れているといえるのは「HERO5 Black」ということになりますね。

    その分価格も高くなりますが、もともと写真が好きな僕としては「キレイさ」に妥協するわけにはいきません!

    画素数の1200万と1000万の差は素人ではなかなか分かるものではありませんが、画角(写真に入る範囲)が少しでも広ければより選択肢も広がりそうです。

    「HERO5 Session」特有の「体や乗り物などに装着しやすい」という特徴は魅力的ですが、冷静に考えると個人的にそういう取り方はあまりしないかなぁとw

    タッチディスプレイによる操作のしやすさも大きいですね、カメラだけで操作が完結するのは安心です!

    というわけで購入するのは「HERO5 Black」に決定!!

    したのですが、

    GoPro HERO5 Blackを実際に使用している人はどういう評価をしているのか?AMAZONに書かれているレビューを確認してみることにしました。

    GoPro HERO5 Blackの口コミをチェックしてわかったメリットとデメリット

    Amazonでの「GoPro HERO5 Black」のレビュー数を見ると102件の口コミがついていました。「HERO5 Session」のレビュー数が39件なのでやはりその人気の高さが伺えますね!

    これらの内容を確認して「いい口コミ」「悪い口コミ」に分けて何が評価されていて、どういう気をつけないといけない点があるのかを見ていきます!

    Gopro HERO5 Blackはハイスペックによる使い勝手の良さをオススメしている口コミが多数

    • ケースに入れなくても防水!

    早速スキー場で使ってきましたが防水のためケースに入れる必要もなさそうです。Hero5から風の音をキャンセルしてくれる機能がついたみたいですが、吹き荒れるスキー場での風の音も最低限に抑えられててよかったです。

    • 音声コントロールが思いのほか便利!感度も良い!

    hero4 silverからこちらに買替えました。なんと言っても音声コントロールが便利です。騒がしいところでなければ、大きな声を出すことなく反応もしてくれます。買替えて良かったです。

    • これだけで素材をすべて収録できる!

    システムとしての優秀さは実感していましたが、5は本体のみでの防水防塵耐衝撃機能を備えてるのみならず、私の主目的であるタイムラプス機能が充実していて、さらに画角もワイドのみではなく狭角やFHD120fpsもあるので、撮影プラン次第では5のみで一つのコンテンツ用の素材を全て収録できますね。


    スペックに満足している口コミが多いことがわかりますね!
    ちなみに、音声コントロールとは、Goproを少し離れたところにおいていても、「Gopro 写真」と話しかけるとシャッターを勝手に押してくれるという機能です。
    タッチパネルのユーザー設定から、ボイスコントロールのON/OFFを選択するだけで、すぐに設定できるため、iphoneを使いこなせている方なら問題なく設定できるでしょう!

    動作不良についての悪い口コミが散見される

    • 画面が固まる初期不良

    動画を保存するときに保存中と表示されたまま画面が固まります。

    そのままどのボタンも反応しなくなりバッテリーが熱くなります。電源ボタンも反応しなくなるので直接電池を取り出し、無理やり電源を落とさなければなりません。また動画撮影中にSDカードエラーの文字が表示されます。

    • 電源が入らない

    初期不良だと思いますが、電源が入らなくなる

    クイックキャプチャーによる起動からの撮影が出来なくなる症状が出ました。直前まで撮影出来ていても前触れなく上記症状に陥ります。(ファームウェアも常に最新を当てていました)

    バッテリーを一度抜いて入れ直すことで一旦は解消しますが再発します。バイク運転中にそんな作業を行えるわけがなく、撮影したいタイミングで撮影が出来ず大変ストレスでした。

    • 価格が値上がり

    価格の参考になればと思い記載しました。

    2016年10月24日に見てみると、以下の価格改定の案内が。。。

    【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラHERO5 Blackは、 ¥50,760から ¥66,400に 変更になりました。


    価格は仕方がないとして動作不良は少し怖いですね…
    ちなみに、Goproは最初にSDカードを購入する必要があるのですが、「サンディスク」社のSDカードでないと写真がうまくアップロードできないことがあると、ヨドバシカメラの店員さんが言っていました。
    これは後日談ですが、購入後2週間ほどは普通に撮影していたのですが、モードを切り替えを行うと、黒いシャウトがかかって一瞬撮影できなくなった時は焦りましたw電源の出し入れでだいたい解決はしそうですが、こういう動作不良があることを覚えておきましょう!

    ↑このページのトップヘ